夫婦やカップルが長続きする秘訣は?僕が今までの経験で思う事。

 

ケン

初めまして、ケンと申します。これが当ブログでの最初の記事になります。これからマイペースですがブログを続けていきたいと思います(笑)

 

 突然ですが皆さんは夫婦やカップルの長続きする秘訣は何だと思いますか?

街中やその辺を歩いていると夫婦やカップルを見かけることがあると思います。

手を繋いで歩いたり、腕を組んで歩いたりとその形は様々ですが、それだけでその夫婦やカップルが仲良しで円満であるとは限りませんよね。

夫婦に関して言えば、結婚前は仲が良かったのに、結婚をして子供が産まれてからは、子供が優先になりがちで夫婦関係があやふや・・・

などという方々もいるのではないでしょうか。

僕たち夫婦は結婚して4年が経ちますが、子供がいても尚、夫婦仲良しだと自信を持って言えます。

そこで今回、夫婦やカップルが長続きする秘訣を僕の今までの経験を通して伝えていきたいと思います。

感謝の気持ちを忘れない、「いつもありがとう」とお互いに伝えてみよう

 

  やっぱり何よりこれが一番大切だと思います。僕は男性なので旦那目線で書きますが、

例えば:毎日仕事を終えて家に帰宅したとします。リビングの食卓テーブルにはいつもの様に妻が作った夕飯が用意されています。

これって当たり前だと思いますか? 答えはNOです。

僕も以前はこれが当たり前だと思っていました。ですが、奥さん側からするとこれって結構大変です。

奥さんからすると、旦那さんが仕事をしている間、掃除や洗濯、お子さんが居る家庭なら子供たちの相手をしながらやらなければいけません。

そして、旦那さんが帰宅する前に夕飯を作り、食卓テーブルに用意しなくてはなりません。

これって結構大変じゃないですか?

僕も日曜日が仕事が休みなので、妻が出かけて居ない時や日頃から妻の代わりに家事をやりますが、子供たちの相手をしながら掃除や洗濯、炊事をするのは結構大変だなとつくづく感じています。

毎日のことで当たり前だと思っても、実はその裏では結構大変な事だし、負担になってるということ理解するのが大切です。

なので、毎日の事だから当たり前だと思わず、毎日じゃなくても良いので、ちょっとした時に「いつもありがとう」と一言お互いに伝えてみてはどうでしょうか?

 

喧嘩を恐れない、むしろ喧嘩はしたほうが良い

  喧嘩はカップルや夫婦にとって仲がこじれる一番の原因であり、一緒にいる以上、避けては通れない道です。

喧嘩が原因で仲がこじれ、最悪の場合、破局や離婚などに至るケースも少なくないと思います。

また相手を怒らせたくないという思いがあり、言いたい事を言えず我慢をしてしまうこともあるのではないでしょうか。

ですが、僕はここは思い切って自分の意見や日頃の文句を相手にぶつければ良いと思います。

それで喧嘩になるなら喧嘩をすればいいんです。

むしろ喧嘩はお互いの意見をすり合わせ相手に伝えるいい機会ですし、それによってお互いの事をより一層知ることができます。

僕も妻と喧嘩は頻繁にしますが、それによって仲がこじれたことは一度もありません。

仲がこじれない為には幾つかポイントがありますので、軽く説明していきたいと思います。

言いたい事があるなら、我慢せずストレートに相手に伝える

上記にもありますが、相手を怒らせたくないという思いから、言いたいことを我慢してしてしまうことはありませんか?

相手を怒らせたくないという気持ちは誰にでもありますが、ここは恐れずに言いたいことをしっかり相手に伝えることが大切だと思います。

なぜなら、言いたいことを我慢したところで何の解決にもならないからです。むしろ言いたいことを言わずに溜め込んで、積もりに積もって何かの拍子に爆発!!!

みたいなことがあったら、それこそ仲がこじれると思いませんか? 

それなら、喧嘩の中で相手にしっかり伝えたほうが、後々不満を言われるより断然こじれないです。

 

喧嘩だからと言って暴力は絶対に振るわない

喧嘩の際はお互い感情的になることがあると思いますが、暴力は振るってはいけません。

何より暴力は振るわれた方がとても不快な思いをするだけでなく、喧嘩もエスカレートしてしまいます。

更に怪我などさせてしまうと、せっかく喧嘩が収まったのにそれが原因で、再度喧嘩勃発みたいな事も十分に有り得ます。

また、当然ですが男性の方が体格も力も上なので、男性の方が基本有利になってしまいます。

その時点で不公平になりますし、お互いの言い分を伝えることが出来なくなりこじれの原因になります。

仮にどちらか片方が暴力を振るってしまった場合は、振るわれた方も暴力で対抗するのではなく、少し落ち着くまで外に出たり、別の部屋に避難するなり、少し距離を置いた方が良いと思います。

やはりどちらかが折れないと喧嘩は終わらない

喧嘩も最終的には片方が折れなければおわらないです、時には相手に譲ることも必要です。

僕も妻と喧嘩すると、僕が折れたり妻が折れたり、最終的には両者とも謝り喧嘩終了のパターンが多いです。

やはり、喧嘩とは意見のすり合わせなので、一人ひとり価値観が違うのは当たり前です、どっちが「正しい」「間違ってる」といったことは無いのだと思います。

なので、時には自分の意見を通し、時には折れ相手の意見を尊重してあげることが大切だと思います。

喧嘩後は気持ちの切り替えが大切

よくあるのが喧嘩したあと、しばらく口を利かなかったり、態度を冷たくするといったことがありますが、

僕はそれはあまりお勧めしません、

喧嘩後でイライラしている気持ちはわかりますが、喧嘩で言いたいことをしっかり相手に伝えたのなら、気持ちを切り替えて、普通通り接した方がお互いスッキリしませんか?

僕たち夫婦の場合は、喧嘩後はなるべく普通通り接しています。そして、喧嘩の原因になった話題には一切触れません。

それにより、お互いに喧嘩の事を掘り返すことが無いので喧嘩再発の防止にもなります。

 

以上が僕が喧嘩で仲がこじれない為のポイントです、まだまだ書きたいことはありますが、これ以上書くと話が脱線してしまいますので、またの機会にじっくり説明させて頂きますね(笑)

 

普段からコミュニケーションを取り合う

 普段からのコミュニケーションは大切です。それによって相手の今の気持ちや価値観、などを知ることが出来ます。

他にも相手の異変等にも気づくことが出来、喧嘩やトラブル回避にもつながり、より二人の関係を円滑にすることが出来るのではないでしょうか?

とは言っても、夫婦の場合、特にありがちですが、結婚当初と比べて会話が減ったというパターンです。

会話が減る理由は色々あると思います。

例えば:毎日話すので話すネタがない、話しても楽しくない、仕事や家事で疲れて話す元気がない等でしょうか?

一緒にいる時間が長いと、どうしてもそうなりがちですよね。

ですが、特に難しいことは考えなくても大丈夫です。普段より一言二言多く話しかけるように意識するだけで断然違います。

また、話すのが得意じゃないって人も大丈夫、相手の話を聞いてあげるだけでも立派なコミュニケーションです。

僕の場合は、仕事から帰ってきて妻に「今日も何か変りない?」ってよく話しかけます。そうすると妻は今日あったことや子供の様子など、色々話してくれます。

それに対して僕も話を真剣に聞くよう意識しています。

コミュニケーションを取り合うのは、お互いにほんの少し意識するだけで簡単に出来ちゃうんです。

 

まとめ

これが僕が今までの経験の中で考えるカップルや夫婦が長続きする秘訣です。

何気ないことでも感謝の気持ちを忘れなかったり、素直に相手に自分の気持ちや考えを伝えることが長続きの秘訣になるのではないでしょうか?

だからその為なら喧嘩したって良いんです。それによってお互いの事を知ることが出来るのですから(笑)

カップルや夫婦も一人ひとり違う人間です、価値観が違うのは当たり前です。

言うと喧嘩になるからと言って我慢せず言いたいことがあるならしっかりと相手に伝えてみてがいかがですか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です