ファンシーラットのケージ 種類・メリットデメリット

 

きぃ

こんにちは、きぃです。
ファンシーラットの記事ではこれが3つ目になりますね。今回は以前軽く紹介しました、ケージの種類やそれぞれのメリットについて教えていきたいと思います。
そもそもケージの大きさについてですが、横幅約60cm、奥行き約50cm、高さ約50cmくらいはあると良いと思います。参考までですが、この大きさだとウサギ用のケージに該当します。
それではケージについて紹介したいと思います。

ハムスター用ケージ

比較的値段が安く、入手しやすいと思います。デザインも色々あって豊富で脱走もしにくいのですが、ファンシーラットは結構大きくなるので幼少期にしか使えません。

また床材も飛び散るし、掃除もしずらいのが難点です。

 

メリット
・比較的値段が安い
・ペットショップで気軽に購入できる
・デザインが豊富
・脱走もしずらい
デメリット

・サイズが小さい(ラットが大きくなるため)
・床材が飛び散る
・掃除がしずらい

 

フェレット用ケージ

サイズが丁度よく出入り口に固定金具がついているため、脱走することはないと思います。ラットの大好きなハンモックもついていることが多いです。

ですが、値段が高く種類も少ないし、中々入手が難しい点もあります。ハムスターケージと同様に床材が飛び散りやすいです。

 

メリット
・ケージのサイズが丁度いい
・出入り口に固定金具がついている
・ハンモックがついていることが多い
デメリット
・値段が高い
・種類が少ない
・入手が難しい
・床材が飛び散る

ウサギ用ケージ

ケージのサイズは大きいですが、単頭飼いにはむいていないかもしれません。ケージの底が引き出し式になっているため掃除がしやすいです。フェレット用ケージと同様に出入り口に固定金具がついていますが、値段が高く、床材が飛び散りやすいです。

また金網の幅が広く、小さいうちのラットだと脱走する可能性があります。

 

メリット
・ケージのサイズが大きい
・掃除がしやすい
・出入り口に固定金具がついている
デメリット
・ケージのサイズが大きいため、単頭飼いにはむいていないかもしれない
・値段が高い
・床材が飛び散る
・金網の幅が広いため、小さいラットは脱走する可能性がある

 

デグー用ケージ

こちらのケージも同様にサイズが大きくて丁度いいです。出入り口に固定金具がついてます。ケージの高さがあるため、ラットが立体的に動けます。

ウサギ用ケージみたいに底が引き出し式になっているため掃除がしやすいです。フェレット、ウサギ用ケージと同様に値段が高く、床材も飛び散りやすいです。

余談ですが、私がよく行くペットショップにいるファンシーラットは、デグー用ケージを使われていることがほとんどです。

 

 

メリット
・サイズが大きくて丁度いい
・出入り口に固定金具がついている
・ケージに高さがあり、ラットが立体的に動ける
・掃除がしやすい
デメリット
・値段が高い
・床材が飛び散る

 

水槽(魚用)

熱帯魚を飼育するのに使う水槽ですが、ファンシーラットを飼うにも適しています。比較的値段が安く、サイズが色々あります。

掃除がしやすく、床材もあまり飛び散りません。ケージの中がよく見えて見た目も悪くありません。しかし、蓋がないため、脱走をする可能性があるので金網を自分で付けたりする工夫が必要になります。

ガラス製のため重くて持ち運ぶのが大変です。割れる可能性もあるので注意が必要です。またケージに固定する給水器や回し車は付けられません。

 

メリット
・比較的値段が安い
・サイズが色々ある
・掃除がしやすい
・床材もあまり飛び散らない
・ケージの中がよく見える
・ケージの見た目が悪くない
デメリット
・蓋がない(脱走するかもしれない)
・ガラス製で重くて持ち運びが大変
・落とすと割れる可能性がある
・ケージに固定する給水器や回し車がつけられない

水槽(爬虫類用)

爬虫類を飼うのに使用する水槽です。魚用の水槽と対して違いはありませんが、水槽の横に大きな出入り口があり、掃除がしやすいそうです。

但し、魚用と違って値段が高いのが難点ではあります。

 

メリット
・サイズが色々ある
・掃除がしやすい(水槽の横に大きな出入り口がある)
・床材があまり飛び散らない
・ケージの中がよく見える
・ケージの見た目が悪くない
デメリット
・値段が高い
・ガラス製で重く持ち運びが大変
・落とすと割れる可能性がある
・ケージに固定する給水器や回し車がつけられない

衣装ケース

←我が家のラットのケージです!

ホームセンター等で売られている細長いタイプのものです。水槽ケージに似ている点もありますが、何より改造次第で個性的なケージを作ることが出来るのが魅力的です。

我が家も衣装ケースを改造して使っています。ただ、ラットがある程度大きくなると衣装ケースくらいのプラスチックだとかじって脱走する可能性もあるので注意が必要ですね。

我が家はケージの天上部分のプラスチックの部分をかじられ、脱走されました・・・(笑)

 

メリット
・値段が安い
・サイズが色々ある
・掃除がしやすい
・床材があまり飛び散らない
・重さが軽い
・改造ができる
デメリット
・見た目があまりよくない(工夫次第でどうにでもなる)
・穴をあけられる可能性がある
・ケージの中が見えにくい

まとめ

いかがでしたか?以上がファンシーラットのケージの種類とそれぞれのメリット・デメリットになります。どれがお勧めというのは正直言えませんが、

メリット・デメリットを知った上で自分のニーズにあったケージを購入するのが良いのではないでしょうか。

我が家はお金をそこまでかけたくなかったのと、自由度の高いケージにしたかったこともあり、衣装ケースを購入し改造して使用しています。

ラットもラットで知能があるので、色々思いやられることもありますが、試行錯誤しながらよりよいケージ作りに励んでいます。

余談ですが、ケージを改造してくれたのは旦那です(笑)

個人的な意見ですが、ハムスターケージはラットが小さいうちにしか使えませんが、例えば掃除をする時や病院に連れていく時にあると便利だなと思います。

この記事を読んで少しでも参考になればと思います。

 

ファンシーラットの記事についてはこちら↓

ファンシーラットとは?私が飼ってみて感じたこと

ファンシーラットを迎えるにあたって お世話の仕方

こちらの方も読んで頂けると嬉しいです!

 

 

↓スポンサーリンク↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です