妊娠中のつわり パパができること、自分の体験談

 

きぃ

こんにちは、きぃです。
今回は私が今現在妊娠していることもあり、つわりについてとパパがその時に何ができるかを紹介したいと思います。

つわりとは?

1度は耳にしたことのあるつわりという言葉だと思いますが、そもそもつわりとは、妊娠初期にあらわれる症状の一つです。妊婦さんの半数以上が経験すると言われているそうですが、

中には全くつわりがない人もいます。一般的には4週~6週くらいからつわりが始まり、12週~16週くらいには落ち着く人がほとんどだそうです。

赤ちゃんが産まれるギリギリまでつわりがあったという人もいますので、これは個人差になります。また経産婦の方でも1人目と2人目でつわりの重さが違ったり、

症状が違ったりもします。大体8週目からつわりのピークがあり、酷い場合で点滴を要する場合もあります。

つわりの原因については未だはっきりとは分かってはいませんが、ホルモン分泌が関係しているのではないかと言われています。

つわりの症状

次につわりの症状についてです。症状も様々で色々あります。

つわりの代表的な症状は、

・胃のむかつき
・吐き気、嘔吐
・とにかく眠い
・頭が重い
・体がだるい
・唾液が多くなる

 

などです。その他にも何かを食べていないと気持ち悪い(食べていると落ち着く)という食べづわりや、炊き立てのご飯の匂い、香水の匂いを嗅ぐと気持ち悪くなる匂いづわり、

とにかく酸っぱいものが食べたいなどという偏食傾向になったりというものもあります。

ただし、1日中吐いたり、体重が大体5㎏減ったり、水分も受け付けられないくらい具合が悪い等の症状は妊娠悪阻という病気の可能性があるので、病院を受診することをお勧めします。

必ず産院に電話をしてから行くと良いと思います。

つわりの対策法

残念ながらつわりを治すことはできませんが、つわりを少しでも楽にするという方法はあります。

まずは休息をとることが必要です。横になってゆっくり休みましょう。

つわりが酷いと食欲も落ちて大変だと思いますが、一気に食事をとるのではなく、少しづつ食事をとってみましょう。栄養面を考えてあれこれ食べるよりは、

今の時期は自分が食べられそうなものだったり、食べたいものを食べて大丈夫です。もし食べることが難しくても水分補給はしっかり摂って下さい。脱水になるかもしれません。

また気分転換をするのもいいと思います。私も2人目のつわりが酷い時は、普段はあまり見ないテレビをつけて見ていました。意外と気が紛れるし、

時間も経つので個人的にはおすすめですw

パパができることとは

今回のメインになります。

つわりは妊娠を経験する中で一番最初の試練であり大きな壁になると思います。つわりが辛いときは「いつになったら終わるんだろう」って考え込むくらい大変ですよね。

つわりが辛いときは、ママは無理せずゆっくり休んでください。掃除も手を抜いて大丈夫です。まずは自分の体を大事にしましょう。

上の子がいると中々休まることもないと思いますが、近くに援助ができる人(ご両親等)がいるなら助けてもらっていいと思います。

ママの体を労わる

パパはママの体を労わってあげてください。一見何ともないように見えるかもしれませんが、妊娠中は体が大きく変化し、つわりだけではなく様々なところで色々な症状な出てきます。

もしかしたらママはお腹が痛くて我慢しているかもしれません。本当は寝不足の中家事などをしているかもしれません。

一言声をかけるだけでも違いますよね。「大丈夫?」と聞くだけでもママは安心するし嬉しいと思います。

家事の分担をする

ママのつわりの症状や重さにもよると思いますが、あまりママばかりが負担にならないように家事の分担をしてみてもいいと思います。

いつもなら夕ご飯やお弁当を作ってくれると思いますが、つわりがある時は台所に立っているだけでもしんどいです。ちゃんとご飯が作れなくても怒らないで下さい。

カップ麺やコンビニ弁当の日があっても許して下さいね。パパも仕事で忙しいのでママに代わって家の事を全部やってとは言いません。

手を抜けるところは手を抜いて、お互いに協力し合ってつわりという最初の壁を乗り越えて下さい。

余談ですが、私が1人目の妊娠中にマタニティ用の雑誌を読んでいた時に「パパに手伝って欲しい家事ランキング」というのがあり見てみたら、

ごみ捨てとお風呂掃除が上位に入っていました。つわりがある時は、恐らく生ごみの臭いも凄く気持ち悪くなるので、パパが捨てに行ってくれたら嬉しいと思います。

お風呂掃除も今の時期はまだ大丈夫ですが、お腹が大きくなると腰痛もでてくるし、お腹を支えるのが大変なので、腰を低くする作業が辛くなってきます。

今の内から家事を分担しておくと、ママのお腹が大きくなってからでも赤ちゃんが産まれたあとでも協力してできそうですね。

私の今までのつわりの体験談

最後に私が今まで妊娠して経験したつわりの体験談を紹介したいと思います。(今回の3人目を含みます)

一人目

まず1人目の時ですが、つわりはそこまで酷くなく、耐えられるくらいの重さでした。においづわりがあり、炊き立てのご飯の匂いや、香水の匂いがダメで、

ドン・〇〇ーテのコスメが並んである場所に行くととにかく気持ち悪くなるので、マスクを着用したりマフラーを鼻までおおったりしていました。

あと酸っぱいものが欲しくて、とにかくGokuriのグレープフルーツジュースを飲んだり、梅干を買っては食べていました。ただ、元々は酸っぱいものが苦手なので、

梅干は買ったのはいいものの食べきれなかった記憶がありますw食べ物自体で特に食べられなくなったものはなく、脂っこいものも普通に食べていました。

つわりは軽かったのですが、お腹が大きくなるにつれて辛くなってきて、妊娠後期には食欲がほとんどなく、ご飯も1口2口しか食べられなくなっていました。

二人目

2人目の時は、3人の中で一番辛かったです。起きていられないくらい辛くて食べては吐くし、飲んでも吐くしで、食べられるものも飲めるものもごくわずかで、

うどんとウイダーインゼリー、三ツ矢サイダーのみでつわりを乗り越えましたw うどんは食べすぎて半年間くらいうどん嫌いになりましたがw

私の記憶上ではアクエリアスを飲むたびに吐いていましたwちなみにですが体重が3㎏程痩せました。(つわりが落ち着いてからは3㎏戻りましたw)

あとにおいづわりもあり、1人目と同様に炊き立てのご飯、香水が駄目でした。他にも排気ガスの臭いや生ごみも駄目でした。

上の子がまだ2歳半前でオムツをしていたため、うんちの臭いもアウトで、オムツ交換をするたびに吐き気がしたので、マスクをして交換するようにしてました。

起きていても気持ち悪くてしかも切迫性流産の可能性があり、安静にしないといけない時期もあり、上の子には申し訳ないけど、PCでYouTubeを見せて、

私は横になって安静にしていたこともあります。でもずっと横になっていると夜眠れなくなるので、少しは起き上がって気分転換にテレビを見たり、

アニメを見たりして気分転換もしてました。

旦那とは言うと、当時介護の仕事をしていたこともあり、仕事が忙しかったにも関わらず、仕事終わりに買い物に行ってくれたり、帰って来てからご飯の準備をしてくれたり

夜勤のある日は仕事に行く前にご飯を作り置きをしてくれたりと家の事を沢山してくれました。掃除は流石に手を抜いて私の体調がよくなってからやりましたが、

洗濯も回してくれて、一緒に干したりしました。ごみ捨てとお風呂掃除は旦那の家事分担でもともと決まっているので、もちろんやってくれました。

正直、カップ麺とかコンビニ弁当でも買ってきて良かったのに、食費がかかるからとわざわざ自炊してくれて本当に助かりました。

ただ、ちょうどその時期に上の子がウイルス性胃腸炎にかかって旦那にもうつったことがあり、もしかしたら私もウイルス性胃腸炎になっていた可能性も考えられます。

つわりと胃腸炎のダブルパンチは結構辛いですね・・・

三人目(今回)

今回の3人目ですが、仕事をしていたこともあり、つわりではなくストレス性胃炎とか逆流性食道炎だと思い込みをしていたため、つわり自体は今までの中で一番軽いですw

あったとすれば、食べづわりで、とにかく胃がムカムカして気持ち悪くて水やお茶を飲んでも気持ち悪いし、脂っこいものを食べても気持ち悪くて、食べた後も気持ち悪かったです。

ただ、甘いものを食べている時はそんなに気持ち悪いことがなく、むしろ甘いものばかり欲しがっていて、さつま芋とセ〇ンイ〇ブンのドーナツばかり食べていました。

お陰で体重は2㎏ほど増えました・・・(笑)

今はつわりは落ち着いていますが、やはりこってりしたものを食べると少しお腹がムカムカします。あっさりしたものや甘いものを食べているが唯一食べられる感じです。

油物を見ても気持ち悪くなるし、食欲がなくなったりもしますw

でも、今回のつわりが軽くて安心しました。上に二人子供がいるので、もしまたつわりが酷くなったらどうしようかと心配でした。

同じ妊娠でもこんなに違うんだっていうことに気づかされました。その時の生活環境や体調でももしかしたらつわりの重さとかも違ってくるかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたか。

つわりは妊娠して最初にやって来る難所ではありますが、つわりだけではなく、妊娠、出産とパパや周りの人に協力して助け合ってこの難所を乗り越えて下さい。

特につわりは初産婦からしたら「一体いつまで続くんだろう」と不安な気持ちになると思います。パパの協力は絶対不可欠です!

ご飯ができていないからと言って怒ってはいけません。ママは赤ちゃんと一緒に頑張っています。その姿勢を労わって下さい。

つわりには必ず終わりがあります。それがいつになるかは人それぞれですが、必ず乗り越えられるものだと信じてこのマタニティライフを過ごしてくださいね。

 

 

 

↓スポンサーリンク↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です