節約DIY、家に溜まった段ボール箱でカラーボックス作成手順を紹介します。

 

きぃ

こんにちは、きぃです。

収納スペースを作る時、どうしてもお金はかかってしまいますよね。

今回は引越しで余った段ボールで再利用も兼ねてカラーボックスをDIYしてみました!

 

 

作ることになったきっかけ

まずカラーボックスを作ることになったきっかけですが、子供たちの絵本を収納する場所がなく、

今まで衣装ケースの上や引っ越した時は段ボール箱の中にそのまま収納していました。

来年の春には3人目が産まれるし、そろそろ絵本もちゃんとした所に置きたい!

と思い、カラーボックスでも買おうと思っていました。

そしたら旦那が「カラーボックスなら段ボールでつくれる作れるんじゃない?」と言い出したので、

旦那に一任w

旦那もネットで調べてくれて結果、引っ越しの時に余って捨て忘れている段ボールがごっそりいるので

L`ets DIYしてみることにしました!(旦那が)

実際に作ってみた

材料

今回は縦に3段収納するタイプのカラーボックスを作りました。

材料は以下の通りになります。

 

・段ボール箱×3
・カッターナイフ
・ガムテープ
・メジャー
・リメイクシート

 

作り方

まず、段ボールに切り込みを入れます。

今回使った段ボールはウォーターサーバーのフレシャスさんのを使ってみました!

↑フレシャスの段ボール

ところが・・・!

 

 

 

絵本の奥行きが合わない・・・w

 

 

 

フレシャス結構いい感じに使えそうだったんですけどー・・・(笑)

 

 

気を取り直して、フレシャスは諦めてサ〇イ引っ越しセンターの段ボールを使うことにしますw


↑サ〇イの段ボール

このままだと奥行きがありすぎるので、丁度良い所で耳ごと内側に織り込む作業をします。

↓先ずは耳の根元(4か所)から縦に9センチ切り込みを入れます。

 

↓次に切り込んだ所から横に切り目を入れます。こうすることによって内側に折り込みやすくなります。

↓折り込むとこんな感じです。

↓この作業を3つ分繰り返します。

↓次にガムテープで段ボールを固定していきます。

↑高さは大体107cmぐらいです。

このままだと横側が弱いので、さっき使おうとして断念したフレシャスの段ボール箱で補強することにします。

↓先ずは横を切って広げ、余分な耳は切り落とします。

↓横に張り付けてガムテープで固定します。

 

↓余った部分はカッターでカットw

↓正面のふちはガムテープで補強

最後は100均で購入したリメイクシートをぺたぺた貼って完成です!


↑上の子よりも少し高いくらいのカラーボックスになりました。

実際にかかった費用

今回かかった金額は約400円ですw

100均でガムテープとリメイクシート3つ買っただけなのでかなり安いです!

普通にカラーボックスを買うとものにもよりますが、1500円~3000円くらいはしますよね。

でも段ボールで作ったらその半額より安くできます!

段ボールもスーパーでタダで貰えるんでお得ですよね^^

作ってみて

私はただ見てるだけでしたが、段ボールでもカラーボックスが出来るんだなぁと感心しました。

私のイメージとして段ボールの強度ってそんなにないと思っていて、カラーボックスが作れたとしても、

絵本なんて置いたら直ぐに壊れるんじゃないか。そんな気がしました。

でも旦那が作ってくれて、実際に絵本を置いてみたら

意外と頑丈で本をびっちり入れてもびくともしたいです。

 

段ボールの力ってすげー!

 

以前にも旦那に段ボールで簡易的にテレビ台を作ってもらったこともありますが、

まさか何十冊の絵本の重さに耐久できるとは…!作ってくれた旦那に感謝です!

作業時間も2時間で出来るんであっという間でした!

まとめ

いかがでしょうか!

お金がない我が家にとって今回のDIYはかなりお得なものになりました。

もし引っ越しなどで家に段ボールが余っていて、カラーボックスを買おうか悩んでいる方がいたら、

一度作ってみてはいかがでしょうか?

作る工程も楽しいし、出来上がった時の達成感も得られると思います!

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です