赤ちゃんのへその緒について

 

きぃ

こんにちは、きぃです。

赤ちゃんが生まれてくるとママとお腹のつながっていたへその緒は、助産師が切ってくれますが、多少は残っていますよね。

今回はそんなへその緒のアフターケアなどについて紹介したいと思います。

赤ちゃんのへその緒とは

皆さんご存知かと思いますが、へその緒とは、赤ちゃんがお腹の中にいる時にママの胎盤から酸素や栄養を送られてくるものですよね。

別名「さい帯」と呼ぶそうです。

分娩した時に赤ちゃんと一緒に出てきますが、出産直後に助産師によって切り取られるものです。

切られた後は1~2日ほど、止血や感染防止のためクリップで止められます。

退院する頃には乾燥して生後1週間前後でへその緒は取れます。

三男を出産した時に同室だった方の赤ちゃんは退院日にへその緒が取れたそうです(笑)

多少の前後はありますが、中々乾燥しないこともあり、毎日沐浴のあとに消毒することが大切になります。

へその緒の消毒方法

へその緒の消毒方法についてですが、最近では様々な方法があるみたいですね。

へその緒が取れてから乾燥や消毒を怠ると細菌が入って炎症が起きるみたいなので気を付けて下さい。

へその緒が取れるまで

沐浴の後に消毒を行います。

綿棒に消毒用アルコールを付けてへその緒の付け根を優しく拭きとります。

消毒の後は直ぐにオムツや服で覆わないようにし、自然乾燥させます。

へその緒が取れた後

基本的にはへその緒が取れるまでと変わりません。

へその奥の隠れている部分に汚れがあることがあるので、沐浴の後に水をつけた綿棒で汚れをとってから、消毒用アルコールを付けます。

上記の方法が大体のやり方ですが、産院によっては消毒しないで乾燥させるという方法をとるところもあるので、必ず産院でへその緒のケアの仕方を確認してください。

消毒をやめる目安は、じくじくしていないかどうかになります。

1か月健診の時に確認してもらってもいいですね。

へその緒から出血?!

もしへその緒から出血していた場合、少しであれば様子を見ても構いません。

血が止まらないのであれば、病院で診てもらいましょう。

あまりにも続くようであれば細菌感染していることもあるので必ず受診してください。

へその緒の保管方法

へその緒が取れたらしっかりと乾燥させて桐製の箱に保管します。

取れたへその緒は通気性のいい布で包んで数日かけて乾燥させます。

箱に入れる時は、コットンやティッシュを敷いてその上に保管するといいです。

我が家のへその緒事情

子供たち三人ともお産先の病院で出産して直ぐに切り取られたへその緒と一緒に桐製の箱を頂きました。

長男、次男は生後8日で沐浴の時に取れました。

三男は生後6日で肌着が擦れたのか分かりませんが、オムツを替える時にはもう取れてましたw

長男は綺麗にへその緒が取れたのですが、次男、三男はうまく取れなかったみたいで、根本の黒い部分だけ残ってしまいました・・・(笑)

次男は1か月健診の時に紐みたいなもので先生にとってもらい、三男も1か月健診の時に取ってもらおうと思っていました。

が、三男の場合は、乾燥していてじゅじゅくしていないから、放っておいても時期に取れると言われましたw

とは言うものの、中々取れず今月半ばに黒いものが取れましたw

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんとママが10か月間お腹の中でいた絆の証拠でもあるへその緒。

できるなら大切に保管したいものですよね。

へその緒は乾燥すると直ぐに取れてしまうものなので、保管する前にうっかり失くしてしまった・・・ということもあるそうです(笑)

それはそれで将来子供が大きくなったら、思い出話としていいエピソードになりますよねw

消毒はばい菌が入らないためにも必要なことなので、しっかり行って下さいね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です