アイスパビリオンに行ってきた

きぃ

こんにちは、きぃです。

先月旦那のお盆休みが5日間もあったので、ドライブのついでに、上川町という所に行って来ました。

今回はそこの観光地でもある、アイスパビリオンについて紹介したいと思います。

アイスパビリオンとは

アイスパビリオンとは、北海道上川町というところにある観光地の一つで、マイナス20℃の寒さを年中体験できる施設です。

余談ですが、世界初の最大級のスケールだそうです・・・(笑)

ここのアイスパビリオンの敷地内にクマ牧場もあり、クマのエサやりも体験できます。

アイスパビリオン

住所 北海道上川郡上川町栄町40

tell 01658-2-2233

営業時間 8:30~17:30

休館日 年中無休(設備メンテナンス等により休館になることもあります。

入館料 大人1080円 子供(小学生)650円 子供(幼児)300円

団体様特別価格もあるそうです。

実際に行ってみた

観光地なだけあって駐車場はかなり広かったです。

車から降りて最初に見えるのは、お土産屋さんです。

中に少しだけ入ってみたら北海道のザ・お土産っていうのが売ってありますw

あとクマ牧場も隣接しているからか、クマの浮彫もありましたw

次男はそれを見て「かあいい(可愛い)」と・・・(笑)

アイスパビリオンはお土産さんを過ぎると見えてきます。

駐車場からは大人の足で2~3分くらい歩きますw

アイスパビリオンの横は幸せを運びそうな鐘があったりしました。

その肝心な鐘を摂り忘れてしまいました・・・(笑)

入場券ですが、建物の中に入ってから購入します。

今回行ったときはクマ牧場の入場料は無料になっていました。

おもてなしの実験

入場券を買うと、まずはじめに不思議なペンを使って塗り絵の実験をします。

私たち親子も早速ぬりぬり・・・

左から順に旦那、次男、私、長男になります。

旦那の塗り方が本気すぎてスタッフのおじいちやんに私が塗ったと思われていましたw

この実験は、塗ったところを温めるとそこの部分だけ真っ白になり、逆に冷やすと真っ白だった色が元に戻るというものになります。

こんな感じで色が塗ってあった部分が真っ白になりました。

この塗り絵はお持ち帰りできるようになっていて、寒い所にいる間に少し色は戻りますw

もし戻らなかったとしても、自宅にある冷凍庫で冷やせば色は元に戻るそうです。

アイスパビリオンに入ってみた

実験が終わったらお待ちかねの氷の世界!

なのですが、最初はこんな感じのイルミネーションがある道を進んでいきます。

長男は張り切って先頭を進みますw

少し進むと防寒具と手袋を着るところに着きます。

小さいお子さんでも着られるサイズがあるので安心♪

-20℃の中を進むので、防寒具は結構しっかりしていて暖かいです。

足元まで隠れるくらいのサイズを選ぶといいかもしれないですね。

私は三男を抱っこ紐で抱っこしていたこともあり、子供用の150cmにしましたw

いざ、氷の世界へ!!

防寒具を着ていても中々に寒いですw

次男はサンダルを履いていたため、足元が冷えて寒くてずーっと泣いてましたw

氷の世界では、ミニタオルが渡されるのですが、中に入って早々かちこちになりましたw

周りを見渡すと所々に雪だるまがいて可愛かったです。

実際に氷に覆われていて見ていて圧巻。

中間ポイントには「暖かい家」という休憩室があり、北海道の形をしたストーブが壁にかかっています。

長男も手袋をとって手をあたためましたw

暖かい家の直ぐ向かいにはそり遊びができる所があるそうです。

タダではないのですが、スノースライダーができます。

我が家は子供たちがまだ小さかったので断念・・・

他にも「氷の王様の家」や「-41℃体体験コーナー」もあります。

次男がギャンギャン泣いている中、旦那は-41℃を体験w

写真では見づらいですが、ダイヤモンドダストも見ることができます。

白くキラキラしていて綺麗です。

出口の方にはクリオネが待っていました。

見た目は可愛いですよねw

ちょっとしたティータイム

氷の世界から出ると防寒具と手袋の返却をします。

眼鏡をかけていると物凄く眼鏡が曇るのですが、「眼鏡除霧機」いうものがあり、眼鏡の曇りをとることができます。

↑次男も体験wちゃっかり長男も笑

防寒具と手袋を返却したら、ビスケット1枚と温かいお茶を1杯頂けます。

寒い所の後の温かいお茶は格別です。

次男もようやく落ち着いてきましたw

ここはお土産屋さんもあり、渡した家族はキーホルダーを自分たちのお土産に買いました。

アイスパビリオンの外にもお土産屋さんがあるので、お土産を買うには少し悩ましいですねw

クマ牧場について

アイスパビリオンから少し歩いた所にクマ牧場があります。

おやつは4年前に行ったときはビスケットだったのですが、今回行ったらフルーツに変わっていました・・・(笑)

おやつはメロンがあるかないかの2種類で、メロンがつくと値段も高くなりますが、せっかくなのでメロンつきのおやつをクマさんにあげることにしました。

が、困ったことに人からクマまでの距離が結構あって、長男が投げても届かず…

旦那が投げて丁度いい感じの距離にクマが居ますw

次男は「ぷーさん(クマ)」「かあいい(可愛い)」とずっと言って楽しそうでしたw

おやつのフルーツを見て「おいそう(美味しそう)」とも言ってましたw

クマ牧場のあとは鐘を鳴らせたり、ビブラフォン(鉄琴)がある木の建物に行ったり・・・

↑子供たちも叩いてみました

旦那は木琴と間違っていたけどwwww

どう見ても鉄琴だし、そもそも音も違うしwwww

他にもアイヌの時代に使われていた家屋や、

クマの骨などがある資料館みたいな場所もありました。

ひとしきり楽しんだあとは、黒いソフトクリームとメロンソフトを食べました。

黒いソフトクリームは竹炭でできているらしく、味は少し甘めのミルクソフトでしたw

行ってみた感想

実は4年くらい前に家族旅行で来たことがあります。

4年前に比べて変わったところもあり、新鮮な感覚でした。

次男は寒くて可哀想でしたが、長男が楽しそうだったし、いい経験になったなと感じました。

お土産屋さんもあるので、観光にはいい所だと思います。

まとめ

上川町は旭川よりも遠くてはずれの方にあるので、足を運ぶのは中々大変ですが、夏休みとかの連休に家族や友達と旭川や層雲峡温泉等の観光がてらに行くことをお勧めします!

いくら道民でも冬の時期に-20℃を体感するのは中々ないですし、子供たちからしても不思議な世界観を楽しめます。

「今日は暑いなぁ」という日に行けば一気にクールダウンができて良いのではないでしょうかw

 

 

 

 

 

 

↓スポンサーリンク↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です